flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

たまゆら〜もあぐれっしぶ〜 第8話「あの日の遠い約束、なので」

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:宇田鋼之介 作画監督:中原清隆、加藤里香、萩尾圭太

幼少時代の約束で今度はちひろが竹原に。前回のように楓が想い出の地を訪れる展開も悪くないけれど、やはり本シリーズの根幹は楓の成長であるからして、ちひろというファインダーで逞しくなった竹原の楓をフォーカスする今回のようなお話がキラーパターンということか。出しゃばり過ぎるさよみを引っ込めたかおるたちのアシストもグッジョブ。シリーズ始まって以来おそらく初めて見せたであろう楓の涙に、父親との想い出を共有するちひろの存在の大きさを改めて実感させられた。「おかえりなさい〜acoustic ver.〜」によるささやかなバックアップも染み入る。書き文字や顔芸などいつも以上にポップな演出が楽しかったし、前回やや不安定だった人物作画も持ち直して、現時点でのベストエピソード。
★★★☆