flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

進撃の巨人 #21「鉄槌 ‐第57回壁外調査5−」

脚本:高木登 絵コンテ:平田智浩 演出:田中洋之、室谷靖 作画監督:千葉崇明、手塚響平、山田歩

強靭な意志を必要とするエレンの巨人化が、短いとはいえ寝食を共にして薫陶も受けたリヴァイ班4名の戦死をトリガーに再現されたのも束の間、女型の巨人には通用せず…。並外れた身体能力と再生能力に加え、狡猾な知性をも駆使する女型の強さが圧倒的。怒りに任せるだけの巨人化エレンが手も足も出なかった絶望感たるや。だからこそ、僅か2名で反撃の機をうかがうリヴァイとミカサの即席コンビに期待が高まる。部下たちの無残な姿にエレンと同じように怒りを滲ませながらも、それを内に封じ込めたリヴァイの精神力にミカサがどこまでついて行けるか。
★★★★