flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

有頂天家族 第十話「夷川早雲の暗躍」

脚本:檜垣亮 コンテ:岸二千雄 演出:佐土原武之 作画監督:佐藤友子、後藤麻梨子、高鉾誠、桝井一平、小林ゆかり、阿部千秋、黒川明日香

偽右衛門選挙をめぐる陰謀と総一郎最期にまつわる真実、繰り返されるそれは健気に生きる下鴨母子にかけられた呪いの如し。一から十まで予想できた訳ではないけれど、自分としても矢三郎のリアクションのとおり淡々と海星の語る内容を受け入れるだけだった。全編にわたって普段の奔放さとは裏腹な下鴨家(と海星)の無力さが印象的で、同族争いという要素も加わり何ともいたたまれなくなる。そういえば、「夷川」の“えびす”を七福神の一“恵比寿”と解釈すれば、早雲は夷川家に養子に入ることで人間と結託した(狸の誇りを捨てた)とも想像できるが、はてさて。海星が心を痛めているとすればそこなのではないかと妄想。
★★★☆