flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ガッチャマンクラウズ #11「Gamification(ゲーミフィケーション)」

脚本:大野敏哉 絵コンテ:高橋知也、和田高明、伊藤秀樹、黒瀬里美 演出:高橋知也、山下英美、吉村愛、関田修 作画監督:奥田佳子、伊藤秀樹、西谷泰史、川妻智美、今木宏明、ムラオミノル、林佳奈子

前半は先輩ガッチャマンたちによるはじめの回顧。このタイミングで総集編まがいの構成に違和感を覚えたが、Aパートにまとめたことでラストバトルに赴くガッチャマンたちの団結がスムーズに伝わるようになっていたと思う。後半は総裁Xを取り戻した累によってGALAXのネットワークが復活していくシークエンス。そこに素性を明かしたガッチャマンたちの連携が加わって、菅山総理を触媒にはじめが標榜するコラージュが形を成していくカタルシスがあった。ノートを手に入れたことで「トモダチナンテ〜イラナ〜イ♪」とあっさりXを手放したカッツェは、強大な力を持ちながら慢心から墓穴を掘る旧来の悪役そのものという感じだが、これもオマージュであれば面白いな。
★★★