flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION #11「古からの使者(アグレッサー)」

脚本:ヤスカワショウゴ 絵コンテ:西田正義 演出:黒瀬大輔、向井雅浩 作画監督:本多恵美、蘇武裕子、谷川政輝、横山謙次

プラネテューヌへのシェア集中によってネプテューヌから距離を置く他国の女神たち。それだけではなく、わざわざネプテューヌを呼び出して切りかかってきたブランが見せた鬼気迫る表情は、シリーズを通じて最もシリアスなシーンになるかもしれない。ブランの厳格な気性はこれまでも描写されてきたし、伝統ある国家としての重責も語られたので、唐突感なく引き込まれた。その一方で、感謝祭そのものはプラネテューヌにとって大切な行事のようだし、視聴者的にはネプテューヌの振る舞いに誤解してしまいそうになる。キセイジョウ・レイが次なる敵役とか行き当たりばったりもいいところだが、本シリーズにストーリー面での緻密さを求めるのはお門違いだろう。むしろ「タリ」浮遊都市の白色彗星帝国オマージュ風味と小林ゆうの怪演の合体を楽しむのが正解かと。
★★★