flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION 総感

前期の『絶対防衛レヴィアタン』に続く今期の癒し枠。キャラ作画は安定していて、どのエピソードを切っても女神たちの麗しさを堪能できた。ネプテューヌを始めとして変身前と変身後のギャップも楽しく、女神たちによって濃淡があるところがキャッチー。ゲーム世界をモチーフにしているということで作品世界そのものは平面的だったけれど、キャラクターの魅力で愛すべきものになっていたかと。シリアスなフェーズはどうしても深みに欠けるので、もうすこしコメディ寄りに振ってくれても良かったが。
一方でキャラクターものとしては秀逸だった。各話感想で何度か触れたように、ラステイション姉妹がとにかくお気に入り。生真面目さとは裏腹に変身後もどこか抜けている姉、ノワールに、同じく生真面目だが姉よりはしっかりしてそうな妹、ユニの組み合わせがよかった。今井麻美喜多村英梨という甘いハスキー系のキャスティングも、モチーフの黒色の如くトーンが統一されており姉妹らしさをアップ。主人公のネプテューヌも変身前の田中理恵の声質がこれまでに聴いたことのないもので、変身後の色っぽさ(いつもの)とのギャップがあざとくも素敵。プルルートはちょいやり過ぎ感があったけども。変身前後の衣装などデザイン的にも見所多し。
★★★