flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

君のいる町 #11「告白」

脚本:国井桂 絵コンテ・演出:木村延景 作画監督:竹田欣弘、林あすか、阿部可奈子

庄原の夏祭り、想い出のひょうたん池で柚希は青大に告白、桐島家に戻るとそこには明日香が…という展開。柚希への未練を断ち切れない青大と青大への未練を断ち切れない柚希の内面が、言葉とは裏腹な態度や仕草そして行動から伝わってくる。明日香がいるのに柚希の誘いに乗ってしまう青大も、明日香がいると知りながら青大に告白した柚希も、自分勝手には違いない。一方で、構図的には明日香がいわゆる負けヒロイン一直線の感があるけども、青大に黙って庄原にやってきた彼女の真意は何だろう?と考えてしまう。おそらくは実家での用事が終わって青大を驚かせようとの行為だとは思うが、柚希が桐島家に遊びに来ていることを知っていたので…。玄関で待ち構えていた彼女の表情は、青大を信じつつもどこかで柚希との関係を疑っていたようにも見える。
★★★