flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)京騒戯画 #00「予習篇」

2011年に配信されたweb版の1話のみ視聴済。感想はこちら

スタッフ

企画:京騒戯画プロジェクト、バンプレスト東映アニメーション東映ビデオ 原作:東堂いづみ(「電撃マオウ株式会社KADOKAWA アスキーメディワークス刊 漫画:mercre) シリーズ構成:東堂いづみ松本理恵 監督:松本理恵 キャラクターデザイン・総作画監督:林祐己 美術:柴田聡 色彩設計:秋元由紀 音楽:椎名豪 製作担当:坂井和男、及川泰史 シリーズディレクター松本理恵 アニメーション制作:東映アニメーション 製作:京騒戯画プロジェクト

キャスト

コト:釘宮理恵 明恵鈴村健一 古都:久川綾 稲荷:石田彰 鞍馬:中原茂 八瀬:喜多村英梨 ショーコ博士:斎藤千和 伏見:竹本英史 阿:日高のり子 吽:白石涼子 宮司矢尾一樹

脚本:丸尾みほ 美術:柴田聡 作画監督:林祐己 演出:松本理恵

公式サイトによると、この00話はそのweb版1話を再編集したものらしい。人間と妖怪と機械が共存する異世界「鏡都」が舞台であること、主人公のコトがもと居た世界に帰りたいこと、三人議会がコトを巡って争っていること、古都の復活にコトが狙われていること…以上の基本設定が分かれば十分か。コトは闊達さがキュートだし、明恵との関係性なども微笑ましくて気に入っているので、文句なく視聴継続。このプロローグはアーティスティックな作画アニメといった感じだけど、01話以降はドラマ的な要素も出てくるだろうし。
★★★