flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)境界の彼方 #1「カーマイン」

原作ライトノベル未読。

スタッフ

原作:鳥居なごむ/挿絵:鴨居知世(KAエスマ文庫京都アニメーション) 監督:石立太一 シリーズ構成:花田十輝 キャラクター原案:鴨居知世 キャラクターデザイン・総作画監督門脇未来 美術監督:渡邊美希子 色彩設計:宮田佳奈 撮影監督:中上竜太 小物設定:高橋博行 妖夢設定:秋竹斉一 編集:重村建吾 音響監督:鶴岡陽太 音楽プロデューサー:斎藤滋 音楽:七瀬光 アニメーション制作:京都アニメーション 製作:境界の彼方製作委員会

キャスト

栗山未来:種田梨沙 神原秋人:KENN 名瀬美月:茅原実里 名瀬博臣:鈴木達央 新堂愛:山岡ゆり 新堂彩華:進藤尚美 二ノ宮雫:渡辺明乃 伊波桜:豊田萌絵 藤真弥勒:松風雅也 名瀬泉:川澄綾子

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:石立太一 作画監督門脇未来

半妖の少年、神原秋人を狙う異界士の少女、栗山未来の邂逅と交流からスタート。芝居作画はいつもの京都アニメーションで安心して観られるものの、手垢に塗れた世界設定もあって印象に乏しい初回だった。また、「命を奪うのが恐い」と言いながら秋人を刺すことに後ろめたさのない風な未来の言動に違和感が付きまとった。自身の衝動を抑えきれないのであれば、せめて苦痛を訴えている秋人に遠慮めいたものを見せてもよかろう。身体能力に優れたドジっ娘という未来の危なっかしさを表現した一連のアクションは見応えあり。血液そのものを固形化して武器とする能力には『デッドマン・ワンダーランド』を思い出す。
★★☆