flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ゴールデンタイム 第1話「スプリングタイム」

原作ライトノベル未読。

スタッフ

原作:竹宮ゆゆこ電撃文庫/株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊) 原作イラスト:駒都えーじ 監督:今千秋 シリーズ構成:志茂文彦 キャラクターデザイン:長谷川眞也 プロップデザイン:小森篤 美術監督:伊藤弘(KUSANAGI) 色彩設計:村永麻耶  撮影監督:黒沢豊 編集:西山茂(REAL-T) 音響監督:明田川仁 音楽:橋本由香利 音響制作:マジックカプセル 音楽制作:スターチャイルドレコード アニメーション制作統括:松倉友二 アニメーション制作プロデューサー:藤代敦士 プロデュース:GENCO アニメーション制作:J.C.STAFF 製作:おまけん

キャスト

加賀香子:堀江由衣 多田万里:古川慎 林田奈々:茅野愛衣 柳澤光央:石川界人 岡千波:木戸衣吹 二次元くん:比上孝浩 NANA先輩:佐藤聡美

脚本:志茂文彦 絵コンテ:福島利規 演出:梶井瀬賀 作画監督:冨永詠二、都築裕佳子

主人公の悪友ポジションのキャラクターに幼馴染みのヒロインがストーキングという捻ったスタートが面白い。バラの花びらによって香子の指向が光央から万里に移るであろうことも示唆されたし、他のメインキャラクターも含めて人物相関をスッキリと見せる手堅い初回。ただし、花束で男子の顔を殴りつける理不尽にエキセントリックなヒロイン、香子は『とらドラ!』の大河と同じく苦手な部類。いずれにせよ、万里が匂わせる深刻そうな背景からしてストーリーもシリアスにシフトしそうな予感。今千秋による過去の監督作品はどれもオーソドックスに素材を活かす方向性だったので、本シリーズについても原作とシリーズ構成次第という気がする。
★★☆