flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)サムライフラメンコ #01「サムライフラメンコ、デビュー!」

ノイタミナ』枠のオリジナル。

スタッフ

原作:マングローブ 監督:大森貴弘 シリーズ構成:倉田英之 キャラクター原案:倉花千夏 キャラクターデザイン:山下喜光 アクション作監・デザイン:山田起生 デザインワークス:由卯田和季一 メインアニメーター:山田正樹 美術監督:栫ヒロツグ 美術設定:加藤浩 色彩設計:海鋒重信 撮影監督:高橋賢司 編集:関一彦 音楽:玉井健二agehasprings 音楽プロデューサー:佐野弘明、千葉悦子 音楽制作:アニプレックスフジパシフィック音楽出版 アニメーションプロデューサー:河内山隆、石田健二郎 アニメーション制作:マングローブ 製作Project サムメンコ

キャスト

羽佐間正義:増田俊樹 後藤英徳:杉田智和 真野まり:戸松遥 三澤瑞希:M・A・O 森田萌:山崎エリイ 要丈治:小杉十郎太 原塚淳:大川透 石原澄:中村千絵 今野明:三上哲 ほか

脚本:倉田英之 絵コンテ:大森貴弘 演出:大森貴弘、永居慎平 作画監督:山田正樹、山本航

自称ヒーローのファッションモデル、羽佐間正義にインスパイアされる平凡な警察官、後藤英徳という二人の青年が基本構図。スタッフの狙いどおりなのかもしれないが、正義よりは後藤のほうに共感しやすく、仮面ライダーに呈した疑問に彼のポジションが如実に表れていて上手いと思った。また、正義が標榜する“小さな正義”ってその人の環境や精神が安定しないことには実践し辛い感じがするので、モデルとして自活しているという設定にも頷ける。そんな恵まれた境遇もドラマに影響してくるだろうけど。私的な焦点は小さな正義を物語においてどう扱かっていくかで、“細かい社会的ルールよりもっと大切なものがある”うんぬんという落としどころはかえって凡庸になりそうな気がしている。「大人になりたくない、“大人たち”へ―――」というキャッチコピーの行く末を見守りたい。
過去作品のいいとこ取りを磨き上げてみせた『ガリレイドンナ』に対して、こちらは着想のユニークさで勝負といった感じ。地味なスタートだったけど、2クールの長丁場だしストーリー展開如何によってはこちらのほうが化けそうな気がする。
★★★