flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ゴールデンタイム 第2話「ロンリーガール」

脚本:志茂文彦 絵コンテ:田所修 演出:北川正人 作画監督藤井昌宏、谷川亮介

いくらブランド物に身を固めているご令嬢だからといって、周囲から敬遠されるのは本人が何らかの忌避オーラを発しているからとしか思えない…と、初回の花束で殴りつけるシーンがフラッシュバックするのだった。もっとも、世話焼きな万里が香子と柳澤の板挟みになるうちに三角関係になっていくであろうことは、香子をめぐって険悪になりかけた描写から予想できる。とりあえず、香子のことをよく知らないからこそ万里が惹かれていく流れはわかるので、作り手の術中ってことなんだろうが。
大学の新歓コンパ、下戸としてはロクな思い出がないので、見ていてあまり気分のいいものではないのだけど、さすがに最近のアニメらしく無理やり飲ませるような描写は控えられているのが幸い。
★★☆