flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ファイ・ブレイン〜神のパズル 第3シリーズ 第3話「それでも俺は信じる」

脚本:松井亜弥 絵コンテ:木村哲 演出:牧野吉高 作画監督:石川智美、中島利洋

レイツェルが√学園に転入。一方的にパズルバトルを吹っ掛けられて命の危険に晒されたのだからレイツェルに苛立つギャモンのリアクションが自然だと思うのだけど、彼に顔面キックで突っ込みを入れたノノハが象徴するように、作品世界そのものが“真方ジンを信じる”カイトに傾きすぎているようで気になってしまう。本シリーズの場合はパズル自体が命のやり取りになっている(それも4クールにわたって積み上げてきている)のだから、舞台が√学園だからといって牧歌的モードに変わってしまうのは不自然に思えた。
真逆ジンによる空中におけるスライド迷路は、本シリーズならではの大がかりなギミックとアクションに三次元的なダイナミズムが加わって見応えがあった。それにしても、『もっと×2 神のパズル』の難易度が前期シリーズに比べても上がっているような気がするのだけど。
★★☆