flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

世界でいちばん強くなりたい! 第4話「これがプロレスだ!」

脚本:兵頭一歩 コンテ:土河紀夏 演出:清水明 作画監督:内原茂、金久保典江

プロレスの熱心なファンではない自分にも「相手の技を受けてこそ」というその極意はよくわかる。苦痛に耐えるというシーンはフィクションでそれなりに見られるものだけど、それが常態化しているのがプロレス競技ということで、悶絶しつつ頑張る主人公を応援したくなってしまう構図は(人を選ぶのは間違いないにせよ)よく出来ていると思う。試合では豊田とのスパーリングの成果にアイドル時代に体験済みのファンの声援をプラスしてさくらの成長を促すプロットがよかった。簡単に勝たせなかったところも。人物作画も、さくらが歯を食いしばってロープをつかむ表情などに気合が感じられた。
ドラマ面では、徐々にプロレスに居場所を見つけつつあるさくらに対してSweet Diva内で孤立しつつあるエレナという光と影が印象付けられたが、もうしばらくはさくらの奮闘を見守りたい気分。
★★★