flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

機巧少女は傷つかない 第6話「Facing " Sword Angel " II」

脚本:竹内利光 絵コンテ:岩畑剛一 演出:吉田俊司 作画監督:杉本功

潜入調査で会った「ガルム」の母体であるヨミとの交流から別れを通じて、雷真は夜々が傷つくことを恐れるようになり…。復讐の鬼でありながら人情に厚いという雷真が抱える矛盾がこれからの足枷になりそう。まあ彼のような自信家タイプには丁度いいバランスかもしれない。夜々を放置してケガをさせてしまう脇の甘さは何とかならないものかと思ってしまうが、「軍」からの命であれば致し方なしか。生体を改造して使い捨てにするDワークスの所業はえげつないものだけど、一方の夜々も生体部分が多いらしく一筋縄ではいきそうにない。ストーリー展開がダウナーな上にコメディは夜々のヤキモチが基本なので全体的に弾まないが、これはこれで味なのかも。
★★☆