flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

のんのんびより 七話「せんべいがカレーになった」

脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:小柴純弥 作画監督:山吉一幸、若山政志、本田辰雄

クラスメイトたち曰く「感性が違い過ぎ」るれんげメイン回。彼女の迷言や奇行の数々はシリーズの売りの一つなのだろうけど、これまでは夏海や小鞠が活き活きとしているために異物感を覚えることが多かった。しかしながら、今回はウサギ小屋に閉じ込められるというエマージェンシーにおいて、取り乱した年上の蛍よりも冷静な判断力を見せてくれ、表面的なイメージとは裏腹に賢い子であることが伝わってきたのがよかった。駄菓子屋における加賀山楓とのやりとりではいつもの調子に戻っていたが、大人数に混じっているよりは一対一の掛け合いで魅力を発するタイプなのかも。あと、一穂といい楓といい大人キャラがスローな語り口調なので、子供たちとのズレがなんともユーモラスだ。
★★★