flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

世界でいちばん強くなりたい! 第8話「世界の力!」

脚本:兵頭一歩 絵コンテ:駒井一也 演出:松本マサユキ 作画監督:しまだひであき、服部憲知、内原茂

ジャッカル東条凱旋スペシャルマッチ。相手を見くびって油断して墓穴を掘ってしまう敵役はありがちだが、ジャッカルの場合はさくらの力量を見抜いたうえで見せ場を作っているのだから心憎いとしか。そんな出来レースにいくばくかの歪みをもたらした、豊田との師弟関係の結晶を世界チャンピオンにぶつけるさくらの戦いぶりがなかなかに熱くてよかった。そんな「孫弟子」の技をあえて受け止めてみせるジャッカルの横綱相撲もさくらの頑張りに応えていて、プロレスという「エンターテイメント」を上手くプロットに落とし込んでいたと思う。さくらと同じく敗戦にも清々しい気分になれるのは、ギブアップではなくピンフォール負けという幕切れに加えて、これまでの特訓も含めて彼女がベストを尽くしたことが伝わってくるから。
実況に志生野温夫というサプライズも。
★★★☆