flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

フリージング ヴァイブレーション Episode9「Traitor」

脚本:赤星政尚 絵コンテ:石井高士 演出:西村博昭 作画監督:Eum ik hyun、Park myeong hun、Lee joung kyoung、Park chang hwan

Eパンドラを仲間たちとして救済しようとするパンドラたちとEパンドラを人類救済のための生贄として切り捨てようとするパンドラたち、相容れない価値観の激突。いみじくもエリザベスが吐いた「一部の権力者のエゴ」は、彼女やサテライザーが実践したノーブレス・オブリージュとどう違うのだろうか。ノヴァによる民間人への脅威がほとんど描写されていないので想像するしかないが、前回ロックサンヌたちが示唆したノヴァと人類の関係性の真相にこそリンクしそうな予感がする。Eパンドラ計画の告発に動くアミリアをめぐっての熱い展開の連続だったけど、いちばん盛り上がったのはキャシーによる助太刀で、1期シリーズのクライマックスがよみがえってきて感動。
★★★☆