flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第10話「勇者になれなかった俺と魔王になりたくなかったあいつ。」

脚本:鈴木雅詞 コンテ:樋口香里 演出:南部生 作画監督山岡信一、岸本誠司

勇者ビジネス復活のために魔王の跡継ぎであるフィノを玉座につける動きが本格化。勤労をテーマにしてきたシリーズらしく、魔王の復活にさえもビジネスを結びつけるプロットが実にらしい。おおむね予想どおりの展開ではあるのだけど、これまで積み重ねてきたラウルとフィノの関係性がとても好感持てるものになっているので、クライマックスに感情移入できる下地は整ったも同然。魔王への未練がないフィノがその出自をカミングアウトし、勇者への未練を残したラウルは自身の過去を話せなかった対照が、一層のこと切なさを増してくれる。これもロミジュリパターンの変種だわな。
★★★☆