flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

マギ 第2期 第10話「最高司祭」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:古川順康 演出:政木伸一 作画監督鈴木奈都

闘技場における剣闘動物、巨大猿のガルダとの死闘。剣闘士がいかなるものかを知らなかったアリババも伝えなかったシャンバルも不可解だったが、後者についてはアリババの魔力操作の覚醒を促すためだったと考えれば納得できるか。瀕死の状態に陥ることでカシムから託されたもの、つまりは喧嘩戦術を思い出し2つの魔力を融合させた流れは、これまでも断片的に描写されてきたアリババの原点を収束させるものだった。そして、マグノシュタットにおけるアラジンと同じく、頼れる者が自分1人だけというシチュエーションが効いていて、アリババの覚醒に確かな手ごたえが感じられるのがいい。次回はお待ちかねモルジアナのターンのようだが、彼女だけ目的が違うので、これまでの2人とは異なる切り口を期待。
★★★