flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

世界でいちばん強くなりたい! 第10話「さくらの宿命!」

脚本:兵頭一歩 コンテ・演出:清水明 作画監督:桜場天寿、吉岡敏幸、榧場忠一郎、竹内アキラ

福岡萌のデビュー戦と引退をかけたブルーパンサーとの対決。萌との試合は先輩としての格を見せるさくらが拝めたのでよかったのだけど、顔だけでなくプロポーションまで崩れまくりの人物デッサンに視聴テンションが低空飛行。ブルーパンサー自らによる正体開陳は「マスカラ・コントラ・カベジェラ」を根底から覆す斜め上の展開で面食らったが、あまりにも予想外だったので新たな楽しみができたと前向きに受け止めたい。さくらとの関係性が薄くさしたる掘り下げもなかった真田朱里との対決よりは、アイドルとして切磋琢磨した“彼女”のほうがはるかに盛り上がるのは確実だし。
★★★