flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

COPPELION 第11話「覚醒」

脚本:中村誠、小山知子 絵コンテ:金澤洪充 演出:金子篤二 作画監督古田誠、内田孝行、岡田直樹

冒頭の「鉄グモ」とのバトルは地面からのアングルに迫力があり、なかなか見応えのあるアクションだった。息吹とお腹の子供を守るために、荊の人道主義が遥人はまだしも白外套にまで伝播していく流れはどうしても唐突に思えてしまうのだが、何せ常軌を逸したエマージェンシーの渦中だからして凡人には及ぶべくもない領域があるのかもと想像したり。科学の「表」が保健係で「裏」が掃除係という遥人のロジックについて、双方ともコッペリオンとして必要な任務だろうから、彼が電車を逃がすために電柱を“掃除”して犠牲になった顛末に納得しつつも、同時にやり切れないものがある。短い命を東京で終えることが分かっているがゆえの献身だとすればなおのこと。
★★★