flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

世界でいちばん強くなりたい! 第11話「ピュアソウル!」

脚本:兵頭一歩 コンテ:土河紀夏 演出:松本マサユキ 作画監督:相坂直樹、佐藤道雄、藤原利恵

プルーパンサーこと宮澤エレナとの最終決戦。さくらには内緒でプロレス修業を積んでいた彼女には違和感を覚えてしまったが、試合における本気の戦いぶりはさくらをSweet Divaに取り戻したいというその執念を感じさせるには十分なものだった。さくらのロープブレイクを失念してしまったと思えば、今度は関節技に耐え続けるさくらを案じてみたりと、一途ながらも不安定な、真田朱里いわく不器用なエレナなりのストラグルが伝わってきた。人気絶頂のアイドルの重責がいかなるものなのかは想像もつかないけど、エレナとしてはさくらとのツートップだからこそ、そのプレッシャーに耐えられるということなのかも。そうなると、さくらのプロレスへの情熱とエレナのアイドルへの情熱を同じリングの上で互いに全力を出し切ることで止揚してみせるクライマックスを期待しつつ見届けるしかない。
★★★☆