flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

夜桜四重奏〜ハナノウタ〜 第11話「ハナノウタ 1」

脚本:涼村千夏 絵コンテ:青井小夜 演出:藤本義孝 作画監督:渡辺奈月、藤崎真吾

死んだはずのじゅりの妹、りらが円神の刺客として現れる。前回との併せ技でじゅりへの陰影のつけ方が上手くて引き込まれた。みんなの頼れるお姉さん的ポジションだからこそ、本当の妹と距離がとれなかった過去そして現在が重くのしかかる。桜新町に来たときの無表情が、フランケンシュタイン家の跡継ぎとしての重圧によるものか、あるいは恐れていた妹との別れによるものなのか、判じ難いところにかえって惹きつけられた。妹のアピールに無関心だった幼少時の態度はおそらく前者が影響していて、それが姉妹の溝を生んだのだとすれば、クライマックスはじゅりによる過去との決別そして使命との対峙が主題となりそう。ヒメや秋名については「イバラミチ」編でフォーカスされたので、お世話になっている「妖怪医にして町のアイドル」のために力を合わせる町長と仲間たち、という大団円でよいのではないだろうか。
★★★☆