flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

東京レイヴンズ #11「GIRL RETURN -虎-」

脚本:倉田英之 絵コンテ:平池芳正 演出:浅見松雄 作画監督:日高真由美、首藤武夫

夏目の弱みを握った鈴鹿のやりたい放題と実体化が止まらなくなったコンをめぐる陰陽塾のひと騒動。春虎にどこまでも一途なコンがいちいち可愛らしくて楽しめた。鈴鹿の横暴については、春虎に好意を寄せているゆえの屈折した表現なのだろうけど、前回における好印象がややダウンしてしまった感。自分が脚本担当だったらもうちょいキツいお灸を据えていただろうな。騒ぎの遠因になった夏目のクローゼットの中身が気になる。
★★★