flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

のんのんびより 十二話「また春が来た」(終)

脚本:吉田玲子 絵コンテ:川面真也 演出:福多潤 作画監督:出野喜則、高原修司、本田辰雄

蛍が越してきておよそ1年たった春休みに、憧れの小鞠先輩と2人きりでピクニック。小鞠の失敗作を頑張って食べる蛍はまるで男の子みたいだったが、「ホットケーキ風お好み焼き」をすすめる小鞠の「はい、あーん」で乙女の表情を見せた流れが鮮やかで繰り返し見返してしまった。後半はみんなで野草摘み。れんげが自分たちの居住地が田舎であることを気にしているのが不思議だが、これも子供ならではの厨二病みたいなものだろうか。最後まで通常運転だっただけに、効果音のみで旭丘分校校舎と青空を映したCパートのクロージングには、お別れを実感させられホロリときてしまった。
最後にどうでもいい話をひとつ。夏海が兄貴にカタバミを食わせた場面で気が付いたのだけど、カタバミの主成分であるシュウ酸水素ナトリウムと、小鞠が蛍に食べさせたホットケーキ風お好み焼きの味の決め手らしい炭酸水素ナトリウムをかけているように思えた。もし意図してやったのならマニアックすぎる“隠し味”だが、はてさて。
★★★☆