flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ウィッチクラフトワークス 第1話「多華宮君と炎の魔女」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:水薙竜講談社「月刊good!アフタヌーン」連載) 監督:水島努 キャラクターデザイン:冷水由紀絵 プロップデザイン:矢向宏志 ビジュアルコーディネート:辻田邦夫 美術監督:黒田友範 色彩設計:石田美由紀 CGIディレクター:井野元英二 撮影監督:大河内喜夫 編集:後藤正浩(REAL-T) 音響監督:岩浪美和 音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND 音楽プロデューサー:佐藤純之介 音楽制作:ランティス、I WILL アニメーション制作プロデューサー:鈴木薫 アニメーション制作:J.C.STAFF

キャスト

多華宮仄:小林裕介 火々里綾火:瀬戸麻沙美 多華宮霞:茅野愛衣 多華宮小町:川澄綾子 クロノワールシュヴァルツ・シックス:釘宮理恵 倉石たんぽぽ:井澤詩織 ツインテール(宇津木環那):夏川椎菜 つるぺた(飾鈴):麻倉もも でこ(桂虎徹):日岡なつみ 眼帯(目野輪冥):飯田友子 火々里かざね:大原さやか 鬼灯火苗:大地葉 氷尾凍子:阿澄佳奈 あい:又吉愛 まい:白石真梨 みい:黒田友佳 ウィークエンド:平野綾

脚本・絵コンテ・演出:水島努 作画監督:矢向宏志

学園一のマドンナ、火々里綾火に守護される男子学生、多華宮仄という基本プロット。嫉妬に狂った綾火の取り巻きが、仄にリンチまがいの制裁を繰り返す描写が不快で視聴に乗れなかった。初回ゆえに視聴者の耳目を引きたいのは分かるが、もっと穏便というかマイルドな手法を選べなかったものか。本筋については、バトルヒロインという形で特殊能力を付与された女性キャラクターが、そうでない男性キャラクターを守っても不思議ではないというのが管理人の自論なので、仄は堂々と守られておればいいと思う。バトルにおけるアクションやエフェクトは見応えがあったし、仄よりも大柄な綾火というビジュアル的なギャップも2人の関係性を反映しており悪くない。仄を狙う「塔の魔女」たちの転校での引きで、全体としてはまだ挨拶代わりといった印象。
ED映像は、監督の水島努自らによる絵コンテ・演出ではおなじみの、ちびキャラによるダンス。しかしながら、『よんでますよ、アザゼルさん。』などにも通じるかなりブラックな意匠が施されているのが面白い。
★★☆