flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ハマトラ File-01「コロンブスの卵」

メディアミックス作品とのことで、事実上のオリジナルもの。

スタッフ

原案:小玉有起、松舞夏 原作:カフェノーウェア 総監督:岸誠二 監督:木村寛 シリーズ構成・脚本:熊谷純 プロジェクト構成:北島行徳 シリーズディレクター木村寛 キャラクターデザイン原案:小玉有起 キャラクターデザイン:和図悠 チーフキャラクターデザイン:伊藤依織子 カラーアートディレクションファンタジスタ歌麿呂 音響監督:飯田里樹 美術監督:永吉幸樹 色彩設計:岡田絵美子 撮影監修:大山佳久 撮影監督:久野利和 編集:高橋歩 CGプロデューサー:井野元英二 CGディレクター:越田祐史 音楽:吉森信 音楽制作:DIVEIIentertainment 音楽プロデューサー:大胡寛二 スーパーバイザー:勝股英夫 アニメーション制作:NAZ

キャスト

ナイス:逢坂良太 ムラサキ:羽多野渉 はじめ:加藤英美里 アート:神谷浩史 コネコ:安野希世乃 バースデイ:福山潤 レシオ:中村悠一 ハニー:喜多村英梨 スリー:村瀬克輝 マスター:斧アツシ ガスケ:秋元羊介 マオ:江口拓也 セオ:岡本信彦 レイ:大橋彩香

シリーズ構成協力:待田堂子 絵コンテ:三浦和也 演出:木村寛 作画監督:伊藤依織子、小峰正頼

横浜を舞台として「ミニマム」と呼ばれる異能力を行使するストリート風味の探偵もの。依頼者の女子大生の同衾などアダルト寄りの描写が新鮮だったものの、この初回に関してはあらゆる要素がありきたりでやや退屈だった。そこで、サブタイトルにもなったバースデイのセリフ「コロンブスの卵」について考えをめぐらせてみたが、2つの事件がつながっていたという今回の真相がそうだとすれば、あまりにひねりがなさすぎる。“最低値”を意味する「ミニマム」にかかわってきそうな気もするので、しばらくは頭の片隅にとどめておこうかと。オリジナルなので長い目で見ていくつもり。
OP映像は、総監督の岸誠二作品ではおなじみの、メインキャラクターのプロフィールをキャスト込みでスタイリッシュに紹介していくパターンだったが、絵コンテと演出は監督の木村寛によるもの。総監督のコントロールかあるいは総監督へのリスペクトか。
★★