flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2014冬調査(2013/10-12月期、終了アニメ、35+6作品)

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。

評価条件 だいたい80%以上視聴した作品について(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)、S : とても良い、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

01,メガネブ!,F
02,COPPELION,C
03,殺し屋さん,z
04,みにヴぁん,x
05,ぎんぎつね,C

06,境界の彼方,C
07,WHITE ALBUM2,B
08,ガリレイドンナ,z
09,のんのんびより,A
10,京騒戯画 (TV版),A

11,DIABOLIK LOVERS,F
12,踊り子クリノッペ,z
13,てーきゅう 第3期,x
14,てさぐれ! 部活もの,x
15,ダンボール戦機WARS,x

16,義風堂々!!兼続と慶次,x
17,機巧少女は傷つかない,D
18,BLAZBLUE ALTER MEMORY,E
19,夜桜四重奏 ハナノウタ,B
20,声優戦隊ボイストーム7,x

21,ワルキューレ ロマンツェ,B
22,にゅるにゅる!!KAKUSENくん,x
23,リトルバスターズ! Refrain,x
24,アウトブレイク・カンパニー,C
25,忍者ハットリくん (インド版),x

26,世界でいちばん強くなりたい!,C
27,物語シリーズセカンドシーズン,x
28,IS インフィニット・ストラトス 2,x
29,フリージング ヴァイブレーション,B
30,ミス・モノクローム The Animation,C

31,蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ,A
32,革命機ヴァルヴレイヴ 2ndシーズン,C
33,Super Seisyun Brothers 超青春姉弟s,C
34,勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。,A
35,俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している,F

36,ソードアート・オンライン Extra Edition,B
37,ひだまりスケッチ 沙英・ヒロ卒業編,B
38,きょうかいのかなた アイドル裁判!,x
39,はいたい七葉 (2期、AT-X放送分),x
40,蟲師 特別篇,A

41,爆TECH!爆丸ガチ,z

【総評】
本数の関係もあって秋期終了分に比べて高評価が少なかったけど、それほど不作に感じられなかったのは、A評価をつけた4シリーズ(『蟲師 特別篇』は単発なので除く)のおかげだろう。特に『のんのんびより』と『蒼き鋼のアルペジオ』は、久々のBDマラソンに踏み切らせてくれるほどのお気に入りとなった。なお、寸評はB評価以上に限らせていただく。
(以下寸評)
【寸評】
07, WHITE ALBUM2,B: 妥協なき三角関係の結末が秀逸な構成と脚本でもって描かれており引き込まれた。
09, のんのんびより ,A: 日常ものというよりは昭和のホームコメディ的なパターンが、自分のような世代にもなじみやすかった。キャラクターのみならず、音楽や美しい背景も魅力。
10, 京騒戯画 (TV版) ,A: 万能な神ゆえの業の深さを因果応報な家族ドラマとしてシュリンクさせる手際がよかった。最終兵器としてのコトよりは、人間代表としての明恵のビジョンに共感。
19, 夜桜四重奏 ハナノウタ,B: りょーちも流の闊達な芝居作画を眺めているだけで楽しかった。
21, ワルキューレ ロマンツェ,B: 優柔不断な男性主人公というハーレムものの定型を、女性騎士たちの精神的支柱に換骨奪胎してしまったプロットに脱帽。
29, フリージング ヴァイブレーション,B: チープな作画周りも味と許容してしまいたくなるほどに、エリザベス=メイブリーの堂々たる立ち振る舞いが麗しくカッコ良かった。
31, 蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ,A: 艦船バトルの妙味とメンタルモデルというキャラクターの魅力の融合が、全編3DCGという斬新なアイデアで具現化されており文句なし。
34, 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。,A: 素直に前向きに仕事を覚えていくフィノ・ブラッドストーンが象徴するとおり、クライマックスまでマジックショップ店員としてのアイデンティティがブレなかったキャラクターたちが魅力的だった。定番の学園描写を排して働く姿にこだわった日常描写の積み重ねが効いていたように思う。
36, ソードアート・オンライン Extra Edition,B: 1期シリーズのおさらいと新規エピソードのミックスで、2期シリーズへのブリッジにする構成が上手かった。あと、1期では不遇だった直葉(リーファ)へのフォロー的意味合いが強かったところにもジーンときた。
37, ひだまりスケッチ 沙英・ヒロ卒業編,B: センチメンタルなところのあるゆのをフィルターにして、いつもと変わらぬパターンを大切にしつつ、沙英とヒロの卒業を情感たっぷりに描いており泣けた。
40, 蟲師 特別篇,A: 1期シリーズから8年近くが過ぎたのにも関わらず、あの空気感が真空パックされたかのように立ち上がってきて感動。