flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ウィッチクラフトワークス 第6話「多華宮君と愛の試練」

脚本:吉田玲子 コンテ・演出:後藤圭二 作画監督:矢向宏志、熊谷勝弘、藤部生馬、直谷たかし

仄の内に眠る「白姫」の封印をめぐる魔女界上層部の思惑そして「姫パワー」と「妹パワー」の大激突。
仄を守るためだけに無表情に能力と権力を行使していく綾火の傍若無人ぶりと、負けじとこちらもデタラメな実力行使に訴える霞の傍若無人が共鳴するスラップスティックな味わいが、美麗かつダイナミックかつユーモラスな映像で表現されており、視聴していてひたすら快感。強引に生徒会長に仕立て上げられた仄が見せた真摯な当事者意識も、綾火と霞の行動が規格外だからこそ対照的に存在感を増す。馬耳東風なスタンスであくまでも学園でのポジションを維持しようとする綾火の強大さに対して、お兄ちゃんと駆け落ちしようとした霞のかませ犬っぽさがキュートでよろしい。
★★★★