flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ファイ・ブレイン〜神のパズル 第3シリーズ 第21話「カイト、君の負けだ」

脚本:小林英造 絵コンテ・演出:重田敦司 作画監督重田敦司、中島利洋

レイツェルと同じくファイ・ブレインを目指したルークとのパズルタイム。カイトとの勝負にルークの意志がどこまで介在したかは判じ難かったものの、自身が犠牲になることでカイトを助け出そうとした行為そのものには偽りがなさそう。ルークの「断言しよう。君は絶対に 僕には勝てない。」というカイトへのセリフは、おそらくパズルの勝敗のことではなく、カイトが狙ったルークの救済が叶わないという意味であり、オルペウスの卑劣さが改めて強調される。あと、カイトに怒りを向けたビショップが、彼を殴ろうとして踏みとどまった抑制ぶりはポイント高かった。ダウトとミゼルカの再登場は遅すぎた気もするが、果たして残り話数で見せ場があるのかどうか。
★★★