flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

スペース☆ダンディ EPISODE 07「宇宙レースはデンジャラスじゃんよ」

脚本:うえのきみこ 絵コンテ:谷口悟朗 演出:外山草 作画監督千羽由利子中田栄治

賞金欲しさと女の子にモテたさで「マゼラン星雲グランプリ」なるレースに参加。そこに連勝中のイケメン宇宙レーサー、「音速の美男子」ことプリンスが立ちはだかる。
余裕ぶっこいていたプリンスがダンディのダーディー戦法に業を煮やし、同じように(部下のチュウが)ダーティースタイルに手を染める流れは定番ながら、「クレイジーなデスレース」にふさわしいテンションはイマイチに感じられた。特に、シャフト作品みたいに頻繁にアイキャッチを入れまくる演出がスピード感をスポイルしていたような。ただ、ピットインにおけるミャウのヤケクソがチュウの悪だくみへの意図せぬカウンターになったり、ゴール直前のデッドヒートでQTとZが軽量化のため相次いで廃棄されたりと、互いにいがみ合っていたアニマル宇宙人とパートナーロボットをコミカルに使うパターンはどれもツボだった。ダンディのリトルアロハを始めとしてロボットに変形する宇宙船は谷口悟朗コンテらしいと言うべきか。
ゲストキャラクター、アナウンサー役にクリス・ペプラー、プリンス役に梶裕貴、Z役に能登麻美子、チュウ役に龍田直樹
★★★☆