flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)健全ロボ ダイミダラー 第一話「揉め!ダイミダラー出撃!」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:なかま亜咲健全ロボ ダイミダラー」/KADOKAWA エンターブレイン刊) 監督;柳沢テツヤ シリーズ構成:吉岡たかを キャラクターデザイン・総作画監督ごとうじゅんじ メカニックデザイン:やまだたかひろ プロップデザイン:宮豊 美術監督池田繁美アトリエ・ムサ) 色彩設計:津森裕子(M.S.C) 撮影監督:井上江美 編集:肥田文 メカニック・レイアウト監修:田中良 シリーズペンギン監修:糸島雅彦 メカアクションキーアニメーター:大橋藍人 音響監督:明田川仁 音楽:中西亮輔 音楽プロデューサー;斎藤滋 音楽制作:ランティス 制作プロデューサー:河井敬介 プロデュース:ジェンコ 制作:ティー・エヌ・ケー

キャスト

真玉橋孝一:島崎信長 楚南恭子:日笠陽子 天久将馬:花江夏樹 喜友名霧子:石上静香 リカンツ=シーベリー(リッツ):洲崎綾 友寄もり子:大橋彩香 真境名そり子:木戸衣吹 呉屋せわし子:田所あずさ 又吉一雄:子安武人 ペンギン帝王:堀秀行 マイケル:村田大志 デニス:浅沼晋太郎 ジェイク:伊藤健太郎 ジム:保村真 ネルソン:福島潤 ナレーション:小山力也

脚本:吉岡たかを 絵コンテ:柳沢テツヤ 演出:南康宏 作画監督ごとうじゅんじ

ハイスクールD×D』シリーズのメインスタッフから想像したとおり、ロボットアニメのフォーマットでナンセンスなお色気ものをやってしまおうというコンセプト。リビドーをパワーに変える主人公、真玉橋孝一から日笠陽子声のヒロイン、楚南恭子まで、『HDD』のデジャビュ感がそこかしこに。ただ、ロボットものとはいっても、あえて手書き感の荒っぽさを残したアクションには、70〜80年代の作品群を思わせる武骨さ泥臭さが感じられ、一筋縄ではいきそうにない。ペンギンコマンドたちのユーモラスな所作が楽しい。
持ち前のバカバカしさにどれだけ身を委ねられるかが分水嶺になりそうだが、自分としては楽しめそう。バトルシーンにはなぜか『UG☆アルティメットガール』を思い出してしまったけど、Hi-ERo粒子のチャージはともかくロボットバトルそのものは正攻法な演出らしい。人類に「迷惑」をかけるペンギン帝国の思惑など、おちゃらけた方向にいきそうで先が読めない感じもよさげ。
★★★