flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)僕らはみんな河合荘 第1話「たとえば」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:宮原るり少年画報社ヤングキングアワーズ」連載) 監督:宮繁之 シリーズ構成・脚本:古怒田健志 メインキャラクターデザイン:栗田新一、河野真貴 サブキャラクターデザイン:山中純子、深川可純 美術監督:黛昌樹 色彩設計:西香代子 撮影監督:浅川茂輝 編集:池田康隆 音響監督:川添憲五 音楽:松田彬久 音楽プロデューサー;伊藤善之 音楽A&R:保坂拓也 アニメーションプロデューサー:米沢恵美 アニメーション制作:ブレインズ・ベース

キャスト

宇佐和成:井口祐一 河合律:花澤香菜 城崎:四宮豪 錦野麻弓:佐藤利奈 渡辺彩花:金元寿子 河合佳子:小林沙苗

脚本:古怒田健志 絵コンテ:宮繁之 演出:古賀一臣 作画監督:栗田新一

主人公、宇佐和成は親の転勤により、河合荘という下宿アパートで暮らすことに。
ボロアパートを舞台にしたコメディは変人だらけという過去作品のクリシェを踏襲。それはいいのだけど、前半はコメディのノリがことごとく合わなくて集中力を維持するのが大変だった。書き文字を使ったパターンもくどいだけで切れに欠ける出来だったし。
それが、サトリナ声の酔っ払いOL姐さん、錦野麻弓の登場で盛り返してきた。彼女がみせた丁々発止は、同じ原作者の『恋愛ラボ』アニメにおける小気味よさをほうふつとさてくれたので。あと、手の掛かる変人の乱入によって、ケツ竹刀で気まずかった宇佐と河合律の距離が自然と縮まる流れも良かった。河合荘の住人に、もう1人くらい男性がおればバランスがとれるような気がするけど。
恋愛ラボ』よりも下ネタが多いのは、掲載誌の違いによるものか。後半のノリが全面展開されるようになれば楽しめそうな気がするので、レギュラーが出そろうまでは視聴継続。
★★