flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ブレイク ブレイド 第九話「ショウ・ダウン 竜虎宣戦」

脚本:十川誠志 絵コンテ:吉川博明 演出:高橋秀弥羽原信義 作画監督小林千鶴、竹谷今日子、朴性厚

両者とも多大な犠牲を払い一時撤退を余儀なくされたクリシュナとアテネスの両軍。ボルキュス大隊がライガットの故郷に向け侵攻中との知らせを受けたライガットは、ナルヴィの命令に背き単機で急行する。
ライガットのデルフィングとボルキュスのヒュケリオンの一騎打ちは、黄昏時というシチュエーションもあいまって、いつも以上に重厚感あふれる仕上がり。ライガットがひょうひょうとしたキャラクターなので、彼の苦戦にはあまりスリルを感じないのだけど、ボルキュスが指摘したとおり機体の性能頼みゆえ、そんな印象を抱くのかもしれない。したがって、ライガットとは対照的といってもいいキャラづけがされたジルグの活躍によってドラマに膨らみが出てきそうだ。そんな問題児2人を抱えた若き隊長、ナルヴィには同情してしまうけど。こちらはトゥル将軍の戦死をめぐってのニケとの因縁に注目。
★★★