flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソウルイーターノット! 10「悪夢のはじまり!」

脚本:森江美咲、橋本昌和 絵コンテ:松尾衡 演出:鳥羽聡 作画監督:堀川耕一、松田剛吏、藤巻裕一

実家からの手紙にショックを受けたつぐみはめめとケンカをしてしまう。ケンカの原因となっためめの忘れっぽさは輪をかけて酷くなり、夜中に眠ったまま寝室を抜け出す。
これまで暗躍していたシャウラが中心に躍り出る(正体を明かした場所が噴水広場という演出が象徴的)ことで、仲良しトリオ3人がバラバラに弾き飛ばされるコントラストが鮮やか。シャウラについては全く掘り下げがないけれど、それゆえに感情移入を許さぬ悪役として認識できるし、しっかりとフォーカスされてきた3人娘のドラマに注力できるのがよい。
これまでいわゆる(ソフトな)ツンデレリアクションに徹してきたアーニャが、つぐみとめめの板ばさみになってしまう展開から、その素性がつまびらかになり2人のもとを去る流れが痛々しい。かようにヘビーな展開もエターナルフェザーの一件のおかげで唐突感がないし、めめの物忘れには前回に伏線が仕込まれていたので、クライマックスの試練に向けてストレスなく盛り上れる。
★★★★