flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜 第十話「あきらめないで!」

脚本:高橋龍也 絵コンテ:西澤晋 演出:藏本穂高 作画監督:奥野浩行、はっとりますみ、松原栄介、金海淑、金奉紱、車尚訓、韓旻基、金永範

未踏遺跡は周辺の気流の乱れと浮遊するがれきによって気球では接近困難との由。そこで、アウィンたち気球整備士が密かに進めていた飛行船の完成を目指すことに。
過去エピソードで匂わされてきた中央におけるロジーのトラウマをここで回収。中央で果たせなかった「夢」を、逃げるようにしてやってきた支部で実現する、それも同じように夢をもつエスカというパートナーのサポートで、というプロットはドラマティックなはずなのだが……。
前回の感想でも書いたとおり、支部の普段業務からの連続性が実感できないので盛り上がを欠いたのが正直なところ。傷心のロジーを励ましたエスカによる涙ながらの懇願も、単なるわがままに見えてしまうところが辛い。エスカの未踏遺跡への憧れは初回で印象づけられたので展開としては妥当なのだけど、例えば地域住民の願いやリンゴ産業の新興と結びつけるなりして強度を持たせてほしかった。自分は本シリーズをお仕事ものとして見てきたので、エスカの憧れとスレイアの好奇心だけではちと弱い気がしてしまう。
もっとも、「この世界に人はいらない」とのたまう未踏遺跡の主、フラメウとの対峙がクライマックスになりそうだから、そのイベントを経てピースがきれいにつながってくれることを祈りたい。
★★☆