flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ブレイク ブレイド 第十一話「ラスト・スタンド(要害堅固)」

脚本:十川誠志、谷村大四郎 絵コンテ:アミノテツロ羽原信義 演出:アミノテツロ羽原信義高橋秀弥 キャラ作画監督:乘田拓茂、小林千鶴、松川哲也 メカ作画監督前田明寿立山信也、朴性厚、松村拓哉

捕虜としたジルグを処刑したボルキュスは、大軍を率いてクリシュナの王都ビノンテンに迫る。ライガットはバルドの舞台にデルフィングごと回収されるが、稼働不能になったため単独での待機を強いられる。
ジルグの最期はこれまでのシリーズの描写に沿ったあっけないもの。キャラクターの背景をさほど掘り下げることもなく、能力こそ秀でていてもいち軍人の顛末としてクローズしてしまう冷やかな筆致は個性といっていいと思う。父親にすら見限られたジルグの居場所は戦場にしかなかったということなんだろうが、ボルキュスに吐いた最後のセリフからも、自分が持ち得ない何かをライガットに託しているようにも思えてくる。放心状態のライガットについては、ジルグの死を悲しんでというよりは、迷いのない戦闘を見せつけたあとに敵の最中に飛び込んでいったその真意を測りかねているようだった。
デルフィングという特殊な機体がおよそ軍人らしからぬライガットに与えられたことは、ジルグの行動を見るまでもなくストーリー上において当然意味があるのだろう。根っからの軍人であるボルキュスにとって不可解な存在であることは道理。そうはいっても、冷酷無比なボルキュスは話し合いで何とかできるレベルではなさそうだから、シギュンから生き延びることの大切さを教えられたクレオ、あるいはここのところ不在のゼス、ボルキュスのやりように不満をにじませるイオあたりがキーパーソンになりそう。
さて、ライガットは果たして答えを出せるのかどうか。
★★★☆