flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

キャプテン・アース Episode 12「闘う少年たち Boys’ battlefield」

脚本:榎戸洋司 絵コンテ:福田道生 演出:佐藤育郎 作画監督:小平佳幸

地下闘技場でファイトするデザイナーズチャイルド、バグことバグベアをめぐる駆け引き。
バグは記憶を失くしていたこれまでのデザイナーチャイルドたちとは違って覚醒を本能的に拒否している風だけど、それは「今の俺を壊すな」とのセリフのとおり主人である麻野田クミコに対する依存からくるものであって、人間社会における寄る辺なさという意味合いにおいてはこれまでの面子と変わらないように見えた。「闘う少年“たち”」というサブタイトルが示唆的で、遊星歯車装置を拒絶するバグの内面が、ダイチたちとの出会いでどう変わっていくのかに興味をひかれる。
それよりも、完全な脇役に思えた狩屋ハルヒコが不死身だった件のほうに驚かされた。ジンの攻撃によって意図的に能力が付与されたようには見えなかったし、セツナ側の組織など第三勢力の関与が考えられるが、はてさて。
★★★