flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ラブライブ! 2期 #12「ラストライブ」

脚本:花田十輝 絵コンテ:菱田正和 ライブパート絵コンテ:京極尚彦 演出:三宅和男、南川達馬 ライブパート演出:京極尚彦、安藤良 作画監督:江上夏樹、尾崎正幸、鎌田祐輔、輿石暁、小林明美、後藤望、斎田博之、鈴木勘太、永田正美、ふくだのりゆき、山根まさひろ、吉田南 ライブパート作画監督:重国勇二、寺尾憲治

ラブライブ!」前日。最後の練習が終わり名残惜しさを隠せないメンバーたちのために、穂乃果は学校でのお泊りを提案する。そして本番の日に―――。
学校でのお泊りは「スクールアイドル」の原点に戻ったかのよう。すなわち、あの「誰もいない講堂」からのステップアップのゴールが、満員のオーディエンスが埋める今回の会場というわけで、メンバーそれぞれの感極まった表情アラカルトにこちらもホロリとさせられてしまう。特に、μ’s結成前からアイドルへの憧れを隠さなかったにこと花陽の高揚感には我がことのように嬉しくなってしまった。お泊りでは、料理の腕前を振るったにこが、普段から妹や弟の面倒を見ているお姉ちゃんらしいところを見せたり、花陽や凛の食いしん坊ぶりに和まされたり、絵里が意外や怖がりだったり、個性の出し方は相変わらずの上手さ。
μ’sたちへのサプライズとなったアンコールの曲目を1期OP曲『僕らは今のなかで』というオーディエンス(視聴者)のサプライズとする粋な演出まで、シリーズの集大成にふさわしい仕上がりだった。
★★★☆