flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

キャプテン・アース Episode 14「夜をつらぬく少女の涙 A maiden’s tear thatsparkled through the night」

脚本:榎戸洋司 絵コンテ:吉田泰三 演出:吉田徹 作画監督:日下部智津子

ここ3日間はオルゴンエネルギーが動かないというハナの情報から、アカリはミッドサマーナイツの休暇を申請して許可される。その陰で動くモールキンとアマロックの陰謀。
ホテルでダイチと同じ「コネクト・ルーム」になったハナが見せた心の乱れ。毎晩のように眠るダイチにキスしていたのは、むろん彼に自身の思考を読み取られぬためだろうけど、同時にダイチの真っ直ぐな意志を確認することで、キルトガングの「姫」として造られた自身への戒めにしていたのではないかと想像する。そして、ブルーメという強大な力を振るうことのできる彼女の内面に触れずにいた、ダイチのみならずグローブスタッフ一同の優しさが染みてきもする。ここは、互いをかけらほども信用していないアマラ&モコと久部マサキの関係性と見事な対照になっていた。
★★★☆