flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)東京ESP SCENE 01「白い少女」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:瀬川はじめ少年エース連載/角川コミックス・エース刊) 監督:高柳滋仁 シリーズ構成:倉田英之 脚本:倉田英之、高山カツヒコ、加茂靖子 キャラクターデザイン・総作画監督:滝山真哲 サブキャラクターデザイン:石原満 プロップデザイン:松村拓哉 美術監督:木下了香 美術設定:金城沙織 色彩設計:油谷ゆみ 撮影監督:中田智之 CG監督:塚本倫基 編集:野村仁 音響監督:鶴岡陽太 音響効果:倉橋裕宗 音響担当:杉山好美 音響スタジオ:Studio2010: 音響制作:音楽舎 音楽:Evan CallElements Garden) 音楽制作:ランティス 音楽プロデューサー:斎藤滋ランティス)、吉江輝成(ランティス) アニメーションプロデューサー:小山剛弘 アニメーション制作:XEBEC

キャスト

漆葉リンカ:木戸衣吹 東美奈実:三澤紗千香 東京太郎:河本啓佑 黒井小節:相沢舞 漆葉竜胆:稲田徹 大空歩:緒方恵美 江戸川紫:田所あずさ 教授:川原慶久 黒井弧月:今野宏美 鍋島警部:安原義人 養谷老師:井上和彦 江戸山会長:中田譲治 仏田:玄田哲章 格之進:江原正士 助三郎:麦人 大空麗亜:大浦冬華 ケイシー:平松広一 ほか

脚本:倉田英之 絵コンテ・演出:高柳滋仁 作画監督前田明寿石原満、加藤優

東京を舞台とした異能力バトルもの。非人道的なやり口で超能力(ESP)者だけの特区をつくろうとする「教授」の一派と、人類側の救世主である「白い少女」漆葉リンカと仲間たちの対決構図が基本線。
抑圧された過去から、人類にとって代わろうとする超能力者の一派と、その野望を阻止せんとする超能力者というプロットは、もはや王道と言えるもの。しかしながら、設定説明を極限までそぎ落としてバイオレンスなアクションで教授の本気を印象づけていく、冷徹なまでの導入部に引き込まれた。問題はこれからで、主人公であるリンカと仲間たちの掘り下げで一旦ペースダウンするだろうが、この初回のスピード感をどこまで保持できるかがカギになりそう。
そういえば、スターシステムなのか単なるサービスなのかは知らないが、原作者が同じ『喰霊-零-』のキャラクターが登場していたけど、今後は出来れば控え目にしていただけるとありがたい。
★★★