flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2014夏調査(2014/4-6月期、終了アニメ、35+5作品)

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。

評価条件 だいたい80%以上視聴した作品について(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)、S : とても良い、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

01,ニセコイ,F
02,蟲師 続章,A
03,弱虫ペダル,C
04,神々の悪戯,x
05,監督不行届,F

06,悪魔のリドル,C
07,星刻の竜騎士,F
08,棺姫のチャイカ,B
09,シドニアの騎士,A
10,一週間フレンズ。,B

11,ラブライブ! 第2期,B
12,ブラック・ブレット,D
13,犬神さんと猫山さん,x
14,僕らはみんな河合荘,F
15,龍ヶ嬢七々々の埋蔵金,F

16,それでも世界は美しい,B
17,極黒のブリュンヒルデ,B
18,ブレイドアンドソウル,D
19,ノブナガ・ザ・フール,F
20,デート・ア・ライブII,x

21,ソウルイーターノット!,C
22,健全ロボ ダイミダラー,B
23,ご注文はうさぎですか?,F
24,金色のコルダ Blue Sky,x
25,ノーゲーム・ノーライフ,F

26,メカクシティアクターズ,F
27,風雲維新ダイショーグン,x
28,ピンポン THE ANIMATION,A
29,彼女がフラグをおられたら,F
30,selector infected WIXOSS,B

31,おしりかじり虫 第2シリーズ,x
32,マンガ家さんとアシスタントさんと,F
33,ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター,x
34,召ませロードス島戦記 それっておいしいの?,x
35,エスカ&ロジーのアトリエ 黄昏の空の錬金術士,C

36,史上最強の弟子ケンイチ 闇の襲撃 (TV初放送),F
37,となりの関くん (ネット配信分14-21話),x
38,霧くまs (蒼き鋼のアルペジオ),x
39,ブレイクブレイド (再構成版),C
40,GJ部@ (特番),x

総評

A評価が3タイトルで、『蟲師 続章』、『ピンポン』、『シドニアの騎士』の順。『極黒のブリュンヒルデ』も、中盤まではこれらに比肩するほど評価していたのだけど、詰め込みすぎ&尻切れなクライマックスでワンランクダウン。『selector infected WIXOSS』は、本編もさることながらtwitterなどにおける余所様の考察における熱量が印象的。寸評はB評価以上に限らせていただく。

寸評

02,蟲師 続章,A: 蟲の巧妙な生存戦略を通じて大自然の一部に過ぎない人間を描き出す筆致は健在。映像美のみならず音楽を含めた音響面の演出も秀逸で、静謐でありながら雄弁という作品世界を堪能させていただいた。
08,棺姫のチャイカ,B: 異世界ファンタジーとしてオーソドックスすぎて地味な印象だったけど、チャイカ一行そしてジレット隊と誠実な人物描写に好感が持てた。
09,シドニアの騎士,A: コミュニケーション不全なエイリアンとの死闘という古典的なプロットながら、キャラクターの個性と緊張感あふれる作戦行動のスリルがガッチリと噛み合っており見応えがあった。2期シリーズへの期待値込みの評価。
10,一週間フレンズ。,B: 記憶喪失をめぐる諸設定に突っ込みどころはあったのだけど、祐樹の献身がかたくなだった香織の心を徐々に溶かしていき、それが逆転を見せるクライマックスがドラマティックでよかった。
11,ラブライブ! 第2期,B: 1期シリーズの完結にプラスされたファンサービス的な印象はあったけれど、にこや凛にスポットを当てたエピソードなど、キャラクターの魅力を再確認させられた。
16,それでも世界は美しい,B: 主人公ふたりの絆が至高という少女漫画の王道ながら、雨の属性とは正反対にざっくばらんとしたニケのキャラクターが乾いた感触をもたらしてくれ、スムーズに楽しむことができた。
17,極黒のブリュンヒルデ,B: 限られた時間を互いを信頼し身を寄せ合って生き延びようとする天文台の面々がどこまでも健気で美しく眩しかった。ゆえに、クライマックスの圧縮展開と投げっ放しエンドが残念でならない。
22,健全ロボ ダイミダラー,B: 美容室プリンスそっちのけで、ペンギン帝国の温かさに癒された。リッツはとにかくかわいらしくて、コマンドたちもユーモラスなナイスガイ揃いで、彼らを束ねる帝王さまの慈愛がしみてくる。
28,ピンポン THE ANIMATION,A: ニュアンスの異なる敗者たちへの温かい眼差しが徹底しており、それゆえにヒーローであるペコのイレギュラーが強調される構図に見応えがあった。大人になりそれぞれ変化していったチャイナ、ドラゴン、アクマ、スマイルと、変わらぬペコの断絶が苦くもあり爽やかでもあるというアンビバレンツ。
30,selector infected WIXOSS,B: カードバトルのルールなど設定面をオミットし、少女たちの心のひだの描写に注力した脚本、演出のストイックともいえる湿度感が、実にオリジナルアニメらしかった。