flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ばらかもん 第2話「やかましか」

脚本:ピエール杉浦 絵コンテ:荒川眞嗣 演出:大野和寿 作画監督貞方希久子

半田清舟の借家は、なるのみならず中学生女子にとっても遊び場だったらしく、次から次へとお邪魔虫がやってくる。創作活動(と住民たちの過干渉?)で体調を崩した半田は入院してしまう。
初回以上にオーバーアクションのパッチワークによるコメディが全面展開。それはいいのだけど、半田の書道部屋にインスパイアされた木戸浩志の変化はシリアス基調だったゆえに、コメディの流れに飲まれたのか唐突に感じられた。あと、自分だったらノイローゼになりそうな地域住民たちの過干渉ぶりとその美化を眺めていると、これも都会人目線の田舎ファンタジーという印象がしてきたり。むろん、見る人によって印象が違うのだろうけど。
★★★