flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

東京喰種トーキョーグール 第6話「驟雨」

脚本:御笠ノ忠次 絵コンテ:嶌田惣一 演出:嶌田惣一 作画監督:栗原学

赫子を発現させた月山を圧倒したトーカは、カネキとニシキの正体を知った貴未を排除しようとするができず、そのままふさぎ込んでしまう。その一方で、リョーコとヒナミの笛口母娘にCCGの魔の手が迫る。
ニシキがグールであることを知ってもなお慕い続ける貴未は、それぞれ人間の友人を大切にするカネキとトーカにとってのベンチマーク的な位置づけ。すなわち、それぞれの素性を知っても共存できるという可能性。そんな希望を木端微塵に打ち砕くようなジェイソンそして真戸たちCCGという、互いに相手を滅ぼしにかからんとする断絶の構図。ストレートに見せるべきエッセンスだけが突きつけられており、不純物を一切感じさせない潔さがよい。
★★★