flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

東京ESP SCENE 05「出会い、幻と少女」

脚本:倉田英之 絵コンテ:吉川浩司 演出:岡村正弘 作画監督石原満、岸本誠司

教授による東京の「ESP特区」化宣言。
ここで1話冒頭に戻ってくる格好で、救世主アイコンとしての「白い少女」リンカと彼女にとっての「ヒーロー」京太郎、そして教授一派の因縁という基本構図が示される。難解でないのはありがたいのだけど、全体としてギクシャクしていて落ち着かない。作画演出も含めてもう少し切れ味がほしいと思ってしまう。
★★