flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

東京ESP SCENE 06「それぞれの少女、それぞれの思い」

脚本:倉田英之 絵コンテ:加戸誉夫、松下周平 演出:富久保彦 作画監督:飯飼一幸、関口雅浩、津熊健徳

竜胆の警視庁時代の師匠、養谷老師が現れ、リンカたちは「ヒーロー」となるべく老師の特訓を受ける。
2話から続いていた「白い少女」の誕生秘話おしまい。1話のシャープな出来に比べると過去編は精彩を欠くエピソードが多かったけれど、教授のテロを通じて自身の無力を思い知って精進しようとするリンカの変節はまずまず描けていたかと。しかしながら、そのデザインが琴線に触れないこともあってか、キャラクター演出が平板に感じられるせいで、ピンボケな印象に終始するあたりは変わらないけど。
★★☆