flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

キャプテン・アース Episode 21「キャプテンの条件 The meaning of a captain」

脚本:榎戸洋司 絵コンテ:数井浩子、村木靖 演出:吉田徹 作画監督:日下部智津子 メカ作画監督:吉田徹

オペレーションサマーを阻止すべく、方舟派の広末はハナを人質にとる。一方で、アイアタルはデブリ群を天海道に衝突させんと引き寄せる。ダイチとテッペイは二手に分かれて対処するが……。
二つのテロが偶発的に襲ってくるスリリングなシチュエーションだが、本シリーズの特性として血なまぐさい展開は想像しがたいこともあり、さほどの緊張感はなかった。広末が仕掛けた爆弾の除去とハナの救出が、それすらも飲み込んでしまうデブリ群襲来に押し流されてしまった印象。そして、「覚悟」を決めたダイチのブーステッドブラズマグナムの一撃で広末が翻意したくだりは、くしくもアイアタルが迎撃派と方舟派の間を(部分的に)とりもったようにも見えた。結果的に、遊星歯車装置の失態もここに極まれりという感じではある。
今回も司令塔としてのアカリの存在感が光った。あと、広末の内面までは想像しがたいものの、彼がダイチにいら立つ理由は何となく分かる。だから自身には想像もつかない「キャプテン・アース」の存在感を目の当たりにして、白旗を揚げる気になったのかも。
★★★