flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

東京ESP SCENE 07「雨の中の少女達」

脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:中山勝一 演出:鎌仲史陽 作画監督:松岡秀明

大空歩と江戸川紫がメイン。
歩について。予知格闘がリンカの千手カウンターに通用しなくなったことによる自信の喪失が、能力者の存在を否定する母親との関係に影響するようなストーリーを期待していたのだけど、そこまで練られている感がなく散漫な印象のまま終始。いみじくも紫自身が認めたとおり、「正義の味方」に対する意識づけの弱さが根幹にあるのかもしれない。ストーリー、セリフ回し、作画演出ともにフックや起伏に乏しく、視聴モチベーションの維持がしんどくなってきた。
★★