flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

東京ESP SCENE 09「襲撃・ESPガールズ」

脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:中山勝一 演出:黒田幸生 作画監督:柳瀬譲二、渡辺佳奈子、津熊健徳、佐野陽子、森田実、池津寿恵、赤尾良太郎

美奈実が率いる女性ESPグループは、リンカたちの学校を襲撃する。
父親と別れESP能力を失ったリンカの追い詰められようは壮絶なはずなのだけど、肝心のアクション作画があまりにも粗雑な仕上がりで、これでドラマに没入せよ言われても無理な話。劇中のシチュエーションは深刻なはずなのに、キャラクターの表情に陰影が乏しくことごとく軽く感じられてしまう。しっかりした肉体がなければ精神は宿らない。